通勤服を制服化(ワンパターンコーデ)で朝の時短

今日はミニマリストを目指す私の通勤服について書いみます。



そもそも服を減らしたいのと、朝の時短を狙っての工夫みたいなものなので、気軽に読んで頂ければと思います。


通勤服を制服化(ワンパターンコーデ)で朝の時短

カジュアル過ぎないワンマイルコーデ

ミニマリストを目指す私の通勤服 なのですが、バイク通勤なのでオシャレ服は要りません。

はい、先に結論を書きました。結果が結果だけにすみません・・・。
そうなんです。 バイク通勤ですのでオシャレ服は要らないのです。

そして職場では制服に着替えますので、いわゆる電車通勤の綺麗なOLさんの格好でなくて良いのです。

ですがアラフォー社会人ですので、Tシャツとジーンズで出勤という訳にはいきませんのでそれなりにキチンとした服装を心がけています。

カジュアル過ぎないワンマイルコーデという感じでしょうか。


春・夏・秋の通勤服 

シャツ二枚、パンツ二枚をローテーションしつつ、上にジャケットやコート着用。
先日ご紹介したニットジャケットも大活躍です。




バイクなので夏でも長袖、長ズボンです。


春先、秋口の通勤服

シャツの上にニットを着たり厚めのジャケット、コートを着たりです。

この時のシャツは職場で着ているブラウスを着る事が多いです。
着替えが面倒なのですね・・・。

©さんがつ日記 ジャケット

ニットジャケットも着ますが、ショート丈のミリタリージャケットも着ています。


冬の通勤服

制服のブラウスの上に、青系のニット。上着にダウンジャケット。

ユニクロのコーデュロイパンツの紺と黒をローテーションで、その上に防寒用のオーバーパンツ、もこもこブーツで防寒は完璧です。


私服を制服化した

こういう決まったパターンの着こなしを、「私服の制服化」と言うそうです。


若い頃はそれなりに色々組み合わせていたのですが、ミニマリストを目指してからは、少ない数でローテーションする事に決めました。

もはや毎日同じ服を着ているように見えますが、「さんがつさん、昨日と同じ服ですね」
なんて誰も言いません。

そもそも、職場の人も私がどんな服で通勤しているか気にならないでしょう。


男の人はスーツでシルエットが概ね同じなので、私もそれと同じ様なものです。


極端な話の様ですが、毎日の服選びの時間と、用意をする時間が節約できているかと思います。 

朝の身支度も悩みなしに出来ますので、自分にはとってはこれが合っていると思います。

職場では制服を着用していますし、女子力とは反比例していますが、そういう年齢でもないのでまぁ良いでしょう。


「通勤服の制服化」は意外と周りに気づかれ無いので、時短にもなりお勧めですよ。



0 件のコメント :