朝ごはんと腸活とファスティング(プチ) 朝ごはん編

ここしばらく、朝ごはん(固形物)を食べない生活を続けています。





休みの日は起床時間が遅いのと、それなりに気が抜けている様で、おなかが減るので食べる日もあります。

今回は、タイトルの「朝ごはんと腸活とファスティング(プチ)」について実体験と勉強会で聞いたお話を元に書いてみます。

長いので今回は「朝ごはん編」です。


朝ごはんと腸活とファスティング(プチ) 朝ごはん編


朝ごはんの必要性

まず「朝ごはんって要るのか、要らないのか?」です。
ご家庭の事情にもよりますが、以前は「要る」派でした。

学校の保険便り等で、「きちんと朝ごはんを食べよう!」というプリントが配られていたものですから、食べない事は考えてもいませんでした。

ですが、今は「要らない派」になりました。

ではその辺りを少し掘り下げて書いて行きます。


朝ごはんを食べるメリット

朝ごはんを食べるメリットは、「脳に栄養が行く」だとか「体を起こす」とか、色々あります。

実際に今まで食べていた経験上、「何か、朝から元気出てるぞ!」という感じもしますし、三食きちんと食べている事により「何か、すごく健康的な生活を送っている!」と思っていました。


朝ごはんを食べないデメリット

デメリットは、メリットのそのままの反対で、「何か、朝から元気が出ないぞ・・・」だとか、「何か、すごく不健康な生活・・・頭や体が起きた気がしない」ですかねぇ。

あと、「脳に必要な糖分が補給されない」等も聞きます。(これが一番重要かもです。)

しかし何よりも、「お腹がすいて力が出ないよ」(カバオ君状態)が一番悪いかもです。


朝ごはんを食べないメリットは・・・?

朝ごはんを食べないメリットは、「朝ごはんの時間を必要としない」という、時間的な制約が一つ無くなるという事があります。

あとは、タイトルの「腸活」=腸内環境を整える活動の所に少しふれます。


朝ごはんを食べない=(イコール)「夕食後から、お昼ごはんまでの間に、腸が消化活動を終えて休む時間が確保できる」という事になります。

つまり、「腸が休んでます状態」があるという事です。


腸が休む(消化活動が無い)メリットとは

腸が休む=消化活動が無いという事は、「消化が終わった」という事ですので、「消化不良が起きていない」いう事です。

これは、勉強会で教えてもらいました。


例えば、「朝ごはん・御昼ごはん・おやつ・夕食・夜のおやつ」で5食ほど取っていると仮定します。(食べ過ぎですが・・・)


食事を完全に消化するのに、概ね6~8時間くらいです。

という事は、「消化が完全に終わる前に、また次の消化活動が始まる。」という事です。


ですが、朝ごはんを食べない場合「夜の9時頃に食事を取っても、翌日のお昼の12時頃には、15時間ほど間隔が空きます」ので、腸の消化活動は終了しています。

そしてメリットは、

・消化不良が原因の悪い菌が増えない事
・便秘(悪い菌が増えます)や下痢が起きにくい事
・消化活動に使われていた菌が他の活動を行う事
(ダイエットとか、美肌に効果があると言われています)

です。


私の場合

「腸活という事で食べていない」という訳ではないのですが、昔ほど「朝にあまり空腹を感じない」というのが大きな理由で、今は朝ごはん(固形物)を取っていません。
(たまにヨーグルトを食べる事もあります。ちなみに水分はきちんと取っています)

そしてそれについては、デメリットよりメリットの方を実感しているというのが感想です。


これは、あくまで個人的な感覚が大きいです。私以外の家族は普通に朝ごはんを取っています。

「お腹がすいて力が出ないよ」では困るからでしょう。

私は、「力が出ない」とか「頭がまわらない」とか、「体調が優れない」といった症状が出ていないので、今の生活が合っているのかもしれません。

(もしかしたら、朝のコーヒーにオリゴ糖を入れているのでそれも効いているのかもしれませんね。)


むしろ、「きちんと空腹を感じて食事を取る」といった感覚があります。

「是非ともお勧めします!」という訳ではないですが、もし、食生活を見つめ直すタイミングがあれば、少し取り入れてみてはどうでしょうか?


注)わたしが朝食を食べない事と、本格的なファスティングは全く違うものです。
もし興味がある方は、私が参加した勉強会を開催したお店のブログ等をご覧になって下さい。

勉強会はこちらのお店で参加をさせてもらいましたよ。(大阪のサロンです。)







私が買っているオリゴ糖はこちらです。
オリゴ糖をコーヒーに入れてからお通じが良くなった様な気もします。




0 件のコメント :