クレンジングと洗顔の両方は絶対必要です

突然ですが、クレンジングと洗顔の両方をきちんと行っていますか??




実は私はとてつもないズボラで、以前はメイク落としのみの時もありました・・・。
しかもメイク落としも常時「拭き取りシート」を使っていました。

そんな私が「ゲル状のメイク落とし」「きちんと泡立てた洗顔」のW洗顔を行うようになったのは、お世話になっているサロンの勉強会で教えてもらったからです。

それでは、習った事をまとめていきたいと思いますので宜しくお願いします。


クレンジングと洗顔の両方は絶対必要です 

クレンジングと洗顔の違い 

クレンジング 

お化粧を落とすものです。
これは、普通の洗顔では落ちにくいと思います。

また、「日焼け止め」も普通の洗顔では落ちないとの事なのでクレンジングで落としましょう。


洗顔 

洗顔は、肌の古い角質やほこり等を不要なものを落とすものです。

ですので、メイクをきちんと落とせばOK?ではありません。
後のスキンケアの為にもここで汚れを落とすことも重要になってきますので、

メイクを落とし(お化粧や日焼け止めを除去)+洗顔(肌に不要なもの、角栓、ほこりを除去) 

のW洗顔の両方が必要になってきます。


クレンジングと界面活性剤 

クレンジングは落ちにくい化粧品を落とすものなので、ある程度の洗浄力の様なものが必要になります。

ですが、その効果が高いほどお肌の負担になります。


また、形状がシートのものは、肌を擦りますので負担大です。 
(普段使いに使用するのは控えた方が良いと言われました・・・。旅行先や出先等でポイント使いの場合は手軽でとても良いと思います。)


また、クレンジングには、「界面活性剤」という水と油分を馴染ませる成分が入っています。

この「界面活性剤」は台所の洗剤や、シャンプーお化粧品にも入っている一般的な成分です。ですが、

「界面活性剤」は油分の汚れを落とすものですが、必要以上に入っているものはお肌に必要な油分まで水と馴染ませて落としてしまう可能性があります。


ですので、高い洗浄力+お肌に負担の少ない商品を選ぶことが大切です。


洗顔も重要

洗顔は、「クレンジングでお化粧品等を落とした肌から、さらにお肌の不要なものを落とすの」ですので、「刺激の少ない商品でかつ、きちんと泡立てて(肌への負担を減らし、洗浄力が高くなる効果があります)優しく洗う事が大事」になってきます。

©さんがつ日記 クレンジング


使い方のポイント

クレンジングは乾いた手で優しく顔に馴染ませます。
決してゴシゴシしない事です。

実際に正しい洗顔の力を先生にして頂いたのですが、「ふんわり頬を撫でる程度」で、殆ど力をいれません。普段の私の半分かそれ以下の力加減でした。


洗顔も必ず泡を立てて、泡で優しく洗います。こちらもゴシゴシ肌をこすらない事が大事です。

また、最後にシャワーで顔を直接洗い流さないで下さい。

これはお肌への負担が大きいので、「絶対にしてはいけない」という事です。


私が使っているもの

イラストの3点です。

・ゲル状のクレンジング:ノンオイル、ノンアルコール、無香料、無着色です。
・洗顔:歯磨き粉位の粘度のもので、クレンジングと同じラインのものです。
・泡を立てる道具

です。

クレンジングと洗顔は、サロン向けの商品だと思いますので一般に販売をしているかどうかは分からないのですが、シート状のメイク落としをこちらの商品に変えてから肌の状態がかわりました。

くすみが取れて白くなったように感じます。

また、毛穴の状態が良くなったり、乾燥肌ぎみだったりしたものが少し改善されました。 

お肌の負担が少ないのと、汚れ成分がしっかり落ちているので、化粧水等の美容成分の浸透力が増したのだと思います。



クレンジングと洗顔が気になる方は、私がお世話になっているお店のリンクを貼っておきますので、こちらからどうぞ。

大阪のサロンになります。

『クレンジングの大事さ~皮膚再生専門サロンLuNa』
少々お値段はするものなのですが、(私の場合で・・・)
クレンジングは、4ヶ月程度の使えますので、1ヶ月当たり2,500円位
洗顔は、5ヶ月程使えますので、1ヶ月当たり2,000円位
になります。

安い商品では無いのですが、肌の改善やアンチエイジングとして投資という意味で考えれば・・・と思います。
(アラフォーは現状維持をするのにもお金がかかりますね・・・。)

言い訳ではないのですが、お肌の状態が良いと

気分が上がる
お化粧のノリが良い
健康的、若く見える

という見た目と心理面でも良い効果が出ると思います。




こちらは、ご存知の方も多いと思います。
手で行う時よりも泡の細かさが全く違いますし、洗顔も少ない量で十分に泡が立ちます。


0 件のコメント :