働く主婦のお弁当 レンチンでアレンジ「煮込み風?ハンバーグ」

毎朝、朝食作りと家族のお弁当作りをしています。
働く主婦ですので(専業の方も同じだと思いますが)、朝の時間を出来るだけ効率よく過ごしたいと思っています。

そこで今日は、お弁当のおかずをレンジで温めるだけで「煮込み風のハンバーグ」が出来たので、ご紹介したいと思います。


作り方

手順① 冷凍ハンバーグを並べる

市販の冷凍ハンバーグを4個をシリコン容器に並べます。
作り置きの冷凍ハンバーグでもOKです。

容器は後に記載する調味料がこぼれない形状が良いので少し深いものが使いやすいです。レンジで使えるお皿でもOKです。


手順② 冷凍の野菜も並べる

一緒に冷凍の野菜をハンバーグの横に並べてます。

量については、好きなものを好きなだけ。
今日は、冷凍インゲンのストックが切れていたので、冷凍カリフラワーを使いました。

もし、冷凍の野菜が無い場合は、⑤の時に入れて下さい。


手順③ 調味料を入れる

ハンバーグと野菜を入れたら、続いて調味料も一緒に入れてしまいます。

醤油と味りん(代わりに麺つゆでもOK)を大さじ半分~1程度。
ケチャップはその倍量入れて下さい。


©さんがつ日記「煮込み風ハンバーグ」

この状態でOKです。


手順④ レンジで1〜1分半加熱

蓋、若しくはラップをふんわりかけて、1~1分半加熱してください。

ポイントは、いつも使っている冷凍ハンバーグの加熱時間の半分位の加熱時間を目安にして下さい。


手順⑤ 2回目の加熱 レンジで1〜1分半加熱

④の後、一度レンジから取り出しハンバーグを裏返しにします。

裏返しの状態で2回目の加熱を始めます。


©さんがつ日記「煮込み風ハンバーグ」


2回めは、蓋なし(ラップなし)で1~1分半加熱してください。

また、①の冷凍のお野菜が無い場合はここで入れて下さい。その場合は加熱時間を少し多めにしてみて下さい。全体的に加熱が出来ればOKです。



手順⑥ 完成 

2度目の加熱後の様子。ここで全体的に馴染んでいたら大丈夫です。

©さんがつ日記「煮込み風ハンバーグ」

汁気が多すぎる、加熱が不十分の際は、蓋なしで再度加熱をして下さい。
1〜分半程度で良いと思います。


ざっくりポイント、要点は2点

作り方の要点は2つです。
全体の加熱時間の半分で、調味液と食材をなじませる。
残りの半分の時間で調味液の水分を飛ばそう。
ですね。レンジで加熱ですので、液体が少ない方が成功しやすいです。

また、3つの調味料はとくに混ぜなくても、ひっくり返す時になじませれば問題なかったです。


ざっくりポイントは、「どうせ温めるのなら、味付け&野菜も温めてしまえ。」です。


あくまで「煮込み風?」です。

お弁当に入れて家族に聞いてみたのですが、美味かったとの事でした。
今日の感じでは、ハンバーグ以外の冷凍おかずを使っても出来そうです。

また何か思いついて、成功したら記事にしてみたいと思います!

©さんがつ日記「煮込み風ハンバーグ」

毎日適当ですが、こんな感じで完成です。


コメント