自称骨格ストレートの似合う形とカーディガン問題

公開日2018年6月11日・最終更新日2019年4月18日
自称ですが、骨格ストレートです。
先日骨格ストレートが決定致しました!(という事で過去記事を少し加筆修正します。)

先日、カーディガンが欲しくて店舗を見て回ったのですが、良い物が見つかりませんでした。
そんな私が最終的に選んだのは、「カーディガンは無くても良い」です。

カーディガンを見て感じた事や骨格ストレートの自身の経験状のお話を少しご紹介してみたいと思います。


骨格ストレートが似合う形のポイントは?

私が似合うと思っているポイントがいくつかあります。(経験と(自己診断の)骨格診断の内容とのミックスからになりますが・・・。)
①肩の位置が下過ぎない
②ひざの位置位の長さがある
③生地が薄すぎない
④V首で切り込が深い
になります。
この中で最も重要なものは、①の肩の位置と③の生地の質感です。

©さんがつ日記 自称骨格ストレートの似合う形とカーディガン問題


①肩の位置が下過ぎない

①の肩の位置は重要です。
最近のオーバーシルエットは、はっきり言って似合いません。
なのですが、肩の位置が下側から始まるオーバー気味のシルエットでも、「脇下からのラインが綺麗にストンと下に落ちていれば概ね大丈夫」です。

ポイントは、「縦のラインが強調されている」です。


②ひざの位置位の長さがある

②はアウターの丈の長さですが、ロングカーデやコートはひざの長さまでのものが最適ですが、太ももの途中で切れていなければまぁ大丈夫です。

基本的なポイントは「関節までの長さがあるものはOK」で「関節の途中の長さはNG」でしょうか。


③生地が薄すぎない

③の生地感は誤魔化しようがありません・・・。素材の問題ですので、この部分は似合うか似合わないかが大きく出てしまいます。

経験上ですが、生地に関しては、
「下に着ているものが透けない」
「体のラインを拾いにくい」
という生地になるのですが、この夏に向けての商品は大抵薄くなりますね。

特にニットの素材は透け感が出てしまいます。


④V首で切り込が深い

続いて、首の形です。
トップス、アウター共に出来ればVの形が良いです。

Vで無ければ、首回りがすっきりしているデザインが良いです。
丸首で詰まった感じのものは、上半身の肩がごっつく見えてしまいますので・・・。

そして出来れば、切り込みは深いものが良いです。

実は上半身にボリュームのある骨格ストレートはトップスは出来る限りシンプルな方がいいのです。
V首が良いのは、Uカット、丸首型に比べて見た目のボリュームが少なくなり、スッキリ見えるからです。

また、シャツも首までしっかり閉めずに多少開いている方がスッキリ見えますし、他の骨格の方に比べていやらしく見えないのです。

上半身がしっかりしたタイプなので首は出来るだけ長く見えるように工夫したいので、V首も切り込みが深いほうが良いという事です。

©さんがつ日記 自称骨格ストレートの似合う形とカーディガン問題
グレーが無難で使いやすいとは思うのですが、ウインタータイプなので濃いブルー系があるとちょっとレパートリーが増えて良いように思います。

どうせ夏は、Tシャツを着るのでインナーが白か黒系になりやすいので・・・。

という事で、2019年4月販売のユニクロ|UVカットドルマンスリーブロングカーディガン(長袖)|WOMEN(レディース)のブルーは比較的欲しいものとイメージが近かったので良かったのですが、生地が少々薄いっぽい感じがしたので少し物足りないのかなぁ?と思いました。
少し残念ですが購入は見送っています。

上記の件は下記のエントリーで少し触れています。

ウインター・ストレートが行く2019春のアウター探しの旅


骨格ストレートはカーディガンが不得意なの??

以上、似合うポイントから個人的な独断と偏見で感想を書いてみました。
①肩の位置が下過ぎない
→ジャケットは肩の位置が下がっていないものが多い

②ひざの位置位の長さがある
→ロング丈は諦めた

③生地が薄すぎない
→カーディガンのニットの軽い生地感と透け感が苦手っぽい

④V首で切り込が深い
→ジャケットなら、Vの形が多い

という結論に至りましたので、カーディガンは諦めて、肌寒い日はごく普通のジャケット(ニット素材)を着る事にしました。

©さんがつ日記 ニットジャケット


このジャケットは随分前に購入したものですが、今っぽいオーバーサイズの微妙な長さのロング丈カーディガンが上手く着れない以上、普通に似合うオーソドックスなアイテムの方が私には良い様に思いました。

ですので、バッグも普通の角の無い四角のものです。
流行りの丸型とか、透ける素材が苦手というかしっくり来ないなので仕方ありません・・・。(そもそもジャケットとの相性も悪そうです・・・)


妥協ではなく、まぁ似合いそうとか悪くないものをチョイスして来ている方が安心感があります。

今流行りのものを着たり身につけたりする事がオシャレでは無くて、「似合うものを着ていて、しっくりする事の方」が自分にとってのオシャレを楽しむ事になるのだと最近気づきました。

まぁ、そういう年齢になった。という事なのでしょうねぇ。



最後に

という事で、骨格からのカーディガン問題をさっくりと、まとめてみました。
プロ目線では無いのですが、経験上のお話なのでそこまで外れてはいないと思います。

薄手のカーディガンがもっさりする、肩周りが気になると感じているなら、ニットジャケットを検討するのも有りではないでしょうか?

骨格ストレートの方に似合いそうなものは、薄手のカーディガンでは無さそうですので、無理にカーディガンを探さずに「ニットジャケット」を探す方が、似合うものを見つけやすいと思いますよ。


お勧め動画のご紹介とアラフォーのイエベ・ブルベ診断の基準とミリタリージャケット選びの考察

こちらのミリタリージャケットも実はお勧めだったりしますので、興味のある方は、是非!!

コメント