冷凍カットインゲンは、お弁当のおかずのもう一品に便利

お勧めの購入品のご紹介です。冷凍カットインゲン(ベルギー産)です。
いつも業務スーパーで購入しています。
業務スーパーはよく利用するのですが、大抵買うものは決まっています。このカットインゲンもその内の一つで必ず冷凍庫に入っています。

お弁当用のおかずがもう一品欲しい時に大活躍です。
その辺りのお話を少しご紹介です。


バラバラで凍結が便利

そのままパキパキっと折る事も出来ます

こちらはバラバラで短めにカットされて凍結されていますので、袋から出して、さっと水洗いしてそのままお鍋やフライパンに投入できます。
(ずぼらな私は袋からそのままバラバラとお鍋に入れますが・・・。)

長いものは水にある程度つけておくと解凍されますので、さらに細かくカットする事も出来ます。
(ずぼらな私は、そのまままな板の上で凍ったまま包丁で切りますが・・・。)
もっと簡単な方法で言うと、凍ったままのインゲン手でパキパキッと折って、そのままザルにいれて簡単に水洗いで調理に進めます。

要するに「必要量を手軽に出して、パッと素早く使えます!」という事ですね。

冷凍で使用量が調整出来るという面で、料理初心者の方や、単身でお住まいの人にも実はお勧めの商品なのですよ。


保管方法

残念ながら、この商品にはチャックが無いので、私はジップロックに袋ごと入れて保管しています。

業務スーパーは安くて良いのですが、チャック付の商品は少ないですね。

ですが、ジップロックに入れて置けば、臭い移りの問題も無くなりますので、少し開けるにに手間ですがこの様な工夫はしても良いと思います。


冷凍カットインゲン活用メニュー

お待たせしました。活用メニューのご紹介です。

お弁当のおかずに・・・という事ですが、お弁当以外では、5mm程度にカットして、焼き飯、オムライス、ピラフ等のごはん系のメニューの野菜に使っています。
彩りにもなるし便利ですよ。

お弁当用の時短メニューは夕飯のおかずのもうひと品にも有効ですので、参考にしてみて下さい。
作り方という程でも無いので、さくっと箇条書きと一言で書いていきます。


お弁当用の時短メニュー ①卵と一緒に炒める

冷凍インゲンを2~4cmにカットしたもの(短くなっていればそのままでのOK)をフライパンで温めて、半解凍位になってきたら、といた卵と一緒に炒めます。
塩コショウ、お好みでお醤油をプラス。

無難なひと品ですね。


お弁当用の時短メニュー ②ウインナーと一緒に炒める

これも卵をウインナーに変えただけです。簡単簡単。

①と同じ様に作って、味付けは焼き肉のタレです。
ベーコンや、ハムでも代用可能ですね。

ベーコンの時はカップにいれて、ケチャップ。
ハムの場合は、マヨネーズ等・・・。味を替えても面白いですね。


お弁当用の時短メニュー ③カニカマと一緒に炒める

炒めシリーズ第3段!
カニカマなので、仕上げはお醤油で良いですね。
お好みでマヨネーズもありだと思います。


お弁当用の時短メニュー ④レンジでチン+めんつゆ

©さんがつ日記 冷凍カットインゲン お弁当のおかず
続いてレンジで簡単メニューです。インゲンをシリコンスチーマーに入れて2分ほどレンジで温めて下さい。
解答されて熱が通りましたら、仕上げにめんつゆをいれて馴染ませれば完成です。
ごまがあれば一緒に馴染ませて下さい。
かつお節でも良いですね。
めんつゆを入れ過ぎて水っぽくなったら、蓋無で再度加熱して水分を飛ばせば大丈夫です。

炒めもの以外では、レンジで温めればゆでた状態になるので、サラダ的にするならカップに入れてマヨネーズやお好みのドレッシングを使って下さい。
加熱しているのでお弁当向けの一品になると思います。



最後に

と、まぁ以上です。

こんな感じで極簡単な手順ですら、4パターンのおかずが短時間で作れます。
いまの所、値段と使い勝手で最強の一品です。

©さんがつ日記 いんげん


どれも数分の手間なので、お弁当にもう一品!という時の、働く主婦の時短おかずですよ。


コメント