働く主婦のお弁当作り 朝の時短は週末の作り置きおかずで

私は働く主婦ですので、毎朝お弁当を一から作るのは面倒です。


ですが冷凍食品オンリーというのも経済面で難しいので、週末にサブのおかずを作り置きしています。


働く主婦のお弁当作り 朝の時短は週末の作り置きおかずで

©さんがつ日記 働く主婦のお弁当作り

この様な感じで小分けにして冷凍しています。
当日、必要な人数分だけレンジでチンしてお弁当に詰めています。


作り置きのおかずの内容

全てのおかずを作り置きにしているという事では無く、写真の様に「サブのおかず(副食)」を作っています。

主なメニューは
・豆の五目煮
・切干大根の煮物
・焼きそば
・ほうれん草のゴマ和え 

以上です。

種類は少ないですけど、小分けにして冷凍にした時に、あまり味の変わらないものという事でこの4品に落ち着きました。

ほうれん草は価格の安い時は作りますが、シーズン以外では殆ど作りません。
上の2品を週替わり、焼きそばを固定で作り置きしてお弁当に詰めている事が多いです。


作り置きのおかずの工夫

大した工夫ではありませんが、それなりに色々と考えています。
そういった部分を少しご紹介します。


食材の確保(ストックのし易さ)

まずは食材の確保(ストック面)という事で、大豆の水煮や、切り干し大根、ひじき等は保存が効きます。
それらを原料にしているので食材の確保も楽です。
干しシイタケや、冷凍のインゲン等も保存の面で優れている食材ですので、こういったもので手軽に作れるメニューでもあります。


豆の五目煮は気分で豆を変える

豆の五目煮というと大豆ですが、最近は「サラダビーンズ」という複数の豆が水煮になった商品があります。
気分によってこちらの商品を利用する時もあります。大豆に比べて入数が少ないものが多いですが、色や形、食感が異なる豆が入っていますので少しパターンが変わったおかずになるので便利です。
少し塩分が入っているものがあるので、その際は味付けを少し薄くして下さい。


焼きそばは粉ソース付の3袋入りタイプ

我が家の定番「焼きそば」ですが、これは3個入りで粉状のソースが付いているものを使っています。
ソースが粉状のものは水分が少なく作れます。良い所はお弁当のおかずにした際にべちゃべちゃした感じが無くなります。

また、カップに詰めていくとなぜか具材が余ってきますので、具材はかなり少な目で大丈夫です。
水分の多い玉ねぎは控えて、キャベツ、ピーマン、小松菜でも美味しく出来上がります。
最後に紅ショウガを混ぜて小分けにしますと見た目も良いですし、風味があるのでお弁当に向いています。
基本的に肉系の食材は入れなくても大丈夫です。

また3袋の量が多いという事であれば、残った焼きそばを卵で巻いて、「オムソバ」にして朝ごはんにも利用できます。


アルミ製のカップは不向き

おかずを詰めるカップですが、冷凍して電子レンジでチンしますので、アルミカップは不向きです。
我が家は業務スーパーに売っている紙製の商品を使っています。
シリコンカップでもOKです。

また冷凍の際は、写真の様に高さの無い大き目のタッパーに並べて保存しています。
ラップで小分けをした事もあるのですが、詰め直す手間が面倒になったので、この形を取っています。
一週間から十日前後(二週間でも問題はなさそう)であれば今の所品質に問題は出ていません。
あまりにも霜が付くような保管場所であれば一週間程度で消費する方が良さそうですね。

味付けは基本的に濃いめにしています。
これも保存の際に有効かな?と思ってその様にしています。


作り置きおかずを利用して作るお弁当の内容は?

こうして用意したおかずを温めてお弁当に詰めます。
毎朝作るお弁当の内容は・・・

①ご飯を詰めて
②ふりかけかけて(夏は梅干し)
③焼きそばと、野菜の作り置きのものを詰めて
④卵焼き(卵焼きになったり、インゲンやきのこと炒めたり)
⑤ウインナー(あったり無かったり)
⑥メインのおかず(市販の冷凍食品だったり、お肉を焼いたり)

で出来上がります。
ほとんど詰めるだけですので簡単です。
作り置きのおかずが「茶色」なので、必然的に「茶色弁当」になってしまいますが・・・。


©さんがつ日記 お弁当 働く主婦のお弁当作り


野菜のおかずがあるとそれなりに見栄えもしますし、ちゃんと作った感が出るのでまぁ良いかという感じです。(茶色ばかりで、彩はあまり良くないメニューですね。)

こんな感じで毎日作って(詰めて)います。


0 件のコメント :