パーソナルカラー診断を受けた話 結果はウインタータイプです(冬)

パーソナルカラー診断を受けてみました。今日はその時の様子をご紹介したいと思います。
何故、診断を受けたいと思ったのか?ですが、ミニマリストを目指す上で、「自分が似合服をだけを身に着ていたい」という思いがきっかけです。


自己診断とは異なる診断結果

先に結論を書きますね。結果はウインタータイプ(冬)でした。

実はパーソナルカラーという言葉を知った際に、WEB上でいくつかの質問を答えて自己診断が出来るサイトで診断をしてみました。
その時の結果はオータム(秋)でしたので、全く違う結果となりました。
ですので、自己診断では少々難しいものがあると思います。

客観的に自分の瞳の色や、肌の色は中々判断しにくいのですね。
こういった部分もありますので、診断は自己診断よりも先生に見て頂く方が良いと思います。
そして私の場合は、黄色みが全くダメで、第一がウインター(冬)、第二がサマー(夏)の完全なブルーベースでした。


パーソナルカラー診断の様子

診断の仕方

私が受けたパーソナルカラー診断では鏡の前で、自分の顔の近くに様々な色のドレープ(布)をあてて顔色を確認しながら診断を進めていきました。

他の所でも、その様な形で診断をする方法が多いみたいです。様々な布をどんどん重ねたり、比べたりしてチェックをしていきました。

本当に面白い話なのですが、結果的に私はブルーベースでしたので、黄色系、いわゆるオレンジや、茶色、ベージュは本当に似合いませんでした。   

何が似合わない、ダメなのかと言いますと、何故だか輪郭がぼやけるのです。
そして顔色も黄色く濁りました。 これは素人目にもはっきりとわかりました。

反対に青味の強い、ブルーやグレー、ラベンダー等の色は輪郭がすっきりし、色白に見えました。 色白といっても血の気がなくなるような顔色ではなく、普段の自分よりも美白効果があるといったニュアンスになります。

この様に布を当てて、顔色の様子や、雰囲気を見て似合う色を診断するという方法が一般的な診断の様です。


ウインターの色って・・・?

©さんがつ日記 パーソナルカラー

上の写真が診断の様子で、この様に最終的に似合う色を乗せてもらい写真に撮りました。
特に向かって左の色の迫力が凄いです。
これはパーソナルカラー冬のカテゴリーのドレープ(布)になります。

見た通りなのですが、パーソナルカラー冬の色って結構インパクトがあるのです。
マゼンタピンク、ロイヤルブルー、真っ黒・・・要するに色が強くて、色の主張が強いのです。
そういう派手目な色が似合いますと言われて、私は困惑してしまいました。
実を言いますと診断中は、「私そんな派手な色は似合いません! 」と心の中で思っていました。


しかし、ウインターカラーがしっくりきます 

「私にウインターの色は似合っていませんよね? 私には派手すぎますよね?」と、戸惑っていた様子の私をみて先生が、「私はサマータイプなんですよ。」と一言仰いました。

「サマーの色も、確かにお似合いですが、このマゼンタのストールをサマーの私が似合わせた時どうですか?ストールだけ浮いて見えませんか?」と、先生がご自分にそのマゼンタのストールを巻いて見せて下さいました。

その言葉通りに、客観的に見てみると本当に浮いている様に見えました。
(言われてその様に思うだけで、そこまで似合わないとう感じでも無いのですが、言われるとそう言えば・・・という感じです。)

「で、このマゼンタのストールをさんがつさんに合わせると、どうでしょう? 私よりも馴染んでいますよね?」
と先生と私と交互にストールを合わせていきます。
「確かに、先生より私の方が色なじみが良いですね・・・」

先ほどの先生が何となく浮いて見えるなぁと感じていた部分が、私が似あわせた場合と比べると、とてもわかり易く先生の方が浮いて見えました。
私のほうがストールの色が綺麗に発色している様にも見え、顔色も良く見えます。

色に負けないという表現も出来ますが、簡単に言うと先生よりも私の方が似合っているのです。

こういう具体的な比較実験もしてくださり、先生の丁寧な説明も納得できましたので、診断結果のウインターを受け入れる事が出来ました。


診断結果を活かす 

少々受け入れがたい派手な色が似合うと言われて、いきなりマゼンタのストールをまいたり、ウインター色の派手な色のニット着て出かけたりは出来ません。

ウインターの色はそもそも何だか派手で、身に付けれるのは恥ずかしいです。
ですのでそういった事はしていませんが、色選びの基準は以前に比べて変わりました。


断捨離候補で手放すのを悩んでいたアイボリー系のシャツ、ベージュ系のニット、カーキのコートを手放しました。
そして、黒は似合わないと決め込んでいた手放す予定の黒のバッグを活用することに決定。欲しかったベージュのスプリングコートを買うのをやめました。

オレンジのチークを手放し アイシャドウの色も青味の色が出るものを残したり、新しく買い替えました。

そして何より、お買い物の基準が出来た事により、「あれば便利な色だからと」か、「流行りの色だから」とか、「何となく好きな色だから」と買ってしまう事が無くなりました。
ミニマリストを目指しているので、そもそもそんな買い物はご法度なのですが、衝動買いのストッパーにはなっています。

まだまだ完璧なクローゼットには程遠いのですが、私なりのペースで私なりのミニマリストを目指していきたいなぁと思います。


どこで診断を受ければいいのか?

では、「診断を受けてみたい!」となった場合、どこで受ければ良いのか?について少しご紹介します。

お手軽で本格的な診断、百貨店さんのパーソナルカラー診断

百貨店での診断は、値段が手ごろで、診断結果を直ぐにお買いものに活かせるのでとても便利だと思います。
お勧めしたのですが、私は結局時間が合わずに断念しました。

というのは、とても人気があるので予約を取る事がとても難しく、日程が合いにくいという面があります。平日に時間の余裕のある方は本当にお勧めです。


個人サロンでパーソナルカラー診断

私は個人サロンさんで診断して頂きました。
決め手のポイントは、個人サロンの雰囲気、料金、内容、通い易さ、メールの対応です。

この辺りはパーソナルカラー診断をどう使いたいか?にもよるのですが、本格的にプロフィール写真を撮りたいや、お見合い写真を撮りたい等は、そういった設備があったり提携先があったりする個人サロン以上の規模のお店をお勧めします。

私の場合は、純粋にパーソナルカラーが知りたいのと、メイクレッスンを受けてみたいとの事でこういったメニューのある個人サロンさんを選びました。

パーソナルカラー主体で骨格診断もしたいや、骨格診断メインでパーソナルカラーを受けたい。また私の様にメイクレッスンもしたい、パーソナルカラー診断のみで良いのでじっくりみて欲しい等・・・色々な希望があると思います。
個人サロンさんでも最近はホームページや、ブログを運営されておられる方が多いですので、雰囲気やメニュー等、自分の知りたい事が診断できるお店を選ぶと良いと思います。

また、診断士さんがどういった団体に所属しているか?どういった資格があるのか?経歴はどうか?、過去のお客さんの感想等、きちんと説明のあるお店の方が良いと思います。

パーソナルカラーは診断に1〜2時間程かかってしまいますので、個人サロンさんでも予約が直ぐに埋まってしまう事も多いみたいです。
特に人気のサロンさんは数ヶ月先の予約になってしまう事もあるので、あせらずに自分に合いそうなサロンを探して欲しいと思います。


最後に

という事でお買い物の基準にもなり、何より似合う色を知る事によって自分の良さを引き出す事が出来るパーソナルカラー診断はお勧めです!
・お値段の手ごろさでいうと百貨店さん。
・「自分の宣材用」という事でしたらそういった設備や提携先のあるサロンさん。
・細かなメニューをチョイスしたいという人は個人サロンさん。
が選びやすいと思います。

お店によって少し値段の設定が違いますが、投資以上に利益が出ますし(効果が有る)、一生モノの診断と言われていますので是非!。


コメント