「購入した住宅に住んでみた感想」アラフォーの35年ローン中古マンション購入物語その9

中古マンションを買って、住み始めて2年ほどになります。
実際に住んでみた感想(メリット・デメリット)、そして買う前に想定していた事や実際はどうだったか?等について書いてみたいと思います。




住んでみた感想 メリット

まず実態に住んでみて良かったな~と思う事を書きます。

①賃貸に比べて設備が良い

賃貸に比べて内装が良かったり、収納勝手が良かったりしました。

中古物件で最新の設備では無いのですが、賃貸の時よりはとても良くなり暮らしやすいと感じています。


②譲れないポイントを重視した結果満足度が高い

譲れないポイントは、日当たでした。そして条件に見合った物件に住んでいます。

私は寒がりなのですが、日当たりが良いので冬場でもお天気によっては窓際が温かくコタツで昼寝も心地が良いです。

こういった所は細かな部分ですが、譲れないポイントを重点において見合った物件を探すと入居後はとても満足感が得られます。


③無駄使いが減った

ローンを抱えたので無駄な買い物が出来ないのでは?と言われそうです。
その通りだと思います。

ですが、家の中に無駄なものを増やすよりローンの支払いを優先する事に不満はありませんので、良い方向だと思っています。

無駄使いをやめて老後の住居費に・・・と思えば気が楽です。


④掃除のモチベーションが上がった

ただのズボラ主婦が少し真面目になった程度です。 これもローンの負債が気になるのでしょうね。

「水回りを綺麗にすると金運が上がる」とか、 「玄関を綺麗にすると良い気が入る」 等を信用して少しでもローンの返済が楽になる出来事が起きないかなぁと掃除をしています。


結果は出ていないですが、家が綺麗である事に不満をもらす人はいないでしょうから、これもメリットなのかもです。


⑤不用な訪問が無い

オートロックですので、第3者の無断侵入が有りません。昼間は管理人もいますので、不審者の侵入は賃貸の頃より格段に減ったと思われます。


⑥静か

賃貸と比べて静かな環境になった様な気がします。
住んでいる方も割と落ち着いた世帯が多いので前の住居より静かです。



住んでみた感想 デメリット

何もかも上手く行けばいいのですがそうは行きません。
デメリットも発生します。

この場合は想定外だったり、考え不足から起こる事もありますので、私の経験で回避出来ればして頂きたいと思います。


①点検が多い

エレベーターの点検

私達の買ったマンションは小規模マンションでしたので、EV(エレベーター)が1台です。
点検が数か月に1度ありますので、点検の間、使用が出来ません。

そして割と高層階に住んでいますので、帰宅が点検時になると階段で家に帰る事になります。

高層階であればあるほど大変です。また、先日の地震の際には数日間止まっていましたので、帰宅が大変でした。


消防設備の点検

住居内の消防設備の点検が半年~1年に1回程度あります。

住居内ですので、自宅に居ないといけません。平日の休みを取る必要が出ました。



②駐車場の事

機械式の駐車場でした。この場合は仕方がないのですが入庫・出庫の時間がかかります。

また、大雨などで浸水があった場合の補償は出ませんので、自分で保険に入るか、一時的に別の駐車場に停めに行くかをする必要があります。



③家の鍵

オートロックの鍵と家の鍵が連動しています。

家の鍵を変えても、マンションの玄関のカギは開きませんので2つ持つか、諦めて同じ鍵を使うか、管理人さんに申し出て鍵を作ってもらう等をしないといけません。

また、オートロックの鍵が全世帯共通という事は、住人の誰かが紛失したものを拾った第3者が使うという可能性が0ではありません。

万に一つの可能性ですが、落とした場所が敷地内であれば悪用される可能性も出てきます。


④管理組合の役員になるかも

管理組合に加入は必須ですが、マンションによっては輪番制で役員になる事があります。そうなると、管理組合の運営や方針・お金の事・管理の事等で、会議に出たり、イベントに参加する事が出てきます。

ちょっと責任が重大な様な気がします・・・。


⑤固定資産税が高い

折角の住宅減税の恩恵もその金額と同じ位の固定資産税がかかっていてはあまり減税の効果がありません。
マンションの固定資産税は少し高い目だと思って下さい。


⑥ローンを組む際に諸経費が思っているより発生した。

この辺りは

アラフォーが35年ローンで中古マンションを買う その7「それって話が違うのでは?と思った話」

の後半部分に詳しく書いています。

ローンの諸経費もかかりますが、引っ越しの費用もかかってきます。
そして新居の、照明やカーテン等も必要です。

このカーテンの部分ですが、一般的な賃貸物件では窓が規格サイズです。
規格サイズのカーテンは、種類も多く、安く済みます。

ですが購入したマンションは、窓のサイズが大きくて持っていたカーテンでは、寸足らずとなり買い直しとなりました。
またお値段も割高でしたので、想定外の出費と言えば出費でした。



最後に

色々と書きましたが、「アラフォーが35年ローンで中古マンションを買った話」シリーズは、今回で終わりたいと思います。
また何か思い出したり、気付いたりした事は別の記事にてご紹介出来ればと思います。

私の住宅購入の経験から言うと、
「お金がかかる」

「ローンのスケジュールが大変」

「ローンの支払いも大変」

の3点になります。(お金ばかりですね・・・)


「賃貸の家賃と同じ額の支払いなら家を買った方が得」

「自己資金なしでも家が買える」

という話は見方によれば違ったり、難しい話であるという事を、このシリーズを通して知って頂ければ・・・と思います。

私は、住宅の購入を否定はしていません。
むしろその逆で、もし住宅の購入を考えているなら、私の経験した内容をお知らせして失敗や後悔の無いようにして欲しいと思っています。

このシリーズに書いた内容が「それぞれの価値観や考え方で、良い選択をする際のヒント」になれば幸いです。

コメント