セザンヌのプチプラBBクリームの実力は如何に?

突然ですが、「セザンヌメイト」ってご存知ですか?
今日はセザンヌさんの試供品についてレビューです。


セザンヌのプチプラBBクリームの実力は如何に?

「セザンヌメイト」って・・・?

大手の会社ですのでご存じの方が多いと思いますが、要はセザンヌ化粧品のメルマガや新商品のお知らせ、またサンプル等が送られてくる顧客会員の様なものです。



私もセザンヌメイトの一員で、時々送られてくるサンプルだったり新商品の案内だったりをチェックしています。

©さんがつ日記 セザンヌ1

今回は上の写真の商品が届きました。





上記の記事でご紹介しましたが、私個人的には「ファンデーションをやめてCCクリームでお化粧」をしています。
ですが今回サンプルの中に「BBクリーム」が入っていましたので、アラフォーの正直な感想等をご紹介してみたいと思います。


BBクリームのスペック

©さんがつ日記 セザンヌ2

上記の「02オークル」がサンプルで届きました。

ライトオークル、オークル、ナチュラルベージュの3色展開で、40g入で580円。
同じ価格のパール入りタイプもありました。

商品の紹介ページのリンクはこちらです。
BBクリーム : 商品ラインナップ : CEZANNE/セザンヌ化粧品

©さんがつ日記 セザンヌ3

「02オークル」色は、かなり濃い肌色という感じです。
普段使用しているCCクリームと比べると、密度が濃いです。かなりのコッテリ感があります。

右側は少し伸ばした状態ですが、素肌への透け感は少ないです。

色については、ブルーベースの私にはちょっと黄色いなぁと感じましたので、「01ライトオークル」の方が合いそうですね。


BBクリームの仕上がり具合

©さんがつ日記 セザンヌ4

仕上がりの写真を撮ってみました。

上手に撮れなくて解りづらいのですが、シミの隠れ具合は悪くはないです。(完全にカバーは難しかったです。)

肌の全体的に「カバーした感」が出ていると思います。

同じように普段使いのCCクリームの仕上がりも載せてみますので、比較して下さい。

©さんがつ日記 セザンヌ5

CCクリームは素肌感が残っています。見た目の仕上がりの違いはこの様になりました。


アラフォーの感想

BBクリームとCCクリームですので、比較するのも難しいのですが、率直な感想を書いてみます。

コッテリ感が強い

やはりBBクリームという事なので質感、肌に乗せた感じもコッテリ感があります。
上にも書きましたが、仕上がりの感じは「素肌感というより、塗っている感が出る」という感じです。

その分カバー力が有ると感じました。
どちらかというとファンデーションに近いと思います。

©さんがつ日記 セザンヌ6


塗り過ぎは、毛穴、シワに注意

あまりお化粧が得意では無いので肌への乗せ方が上手ではありません。

ですので、塗る量(使用量)を間違えると、大変な厚塗りになってしまいました。
(上の写真は付けすぎですね。)

そして、普段使いのCCクリームの水っぽいクリームと同じように伸ばしたら、毛穴落ちやシワ落ちが出てしまいました。

伸ばし方もかなり薄いほうが良さそうです。


肌が重く感じた

ファンデーションを止めた私には、塗った感じが重く感じました。
全体的に覆われている感じがあり、少々突っ張るような感じがしました。


ツヤ感あり、ヨレは無い

朝にお化粧をして、15時頃に顔を鏡で見たのですが、適度なツヤ感が残っていました。

重たい感じの仕上がりでしたので、ツヤ感が残っていたのは意外でした。
嬉しい誤算です。

そして、最大のポイントは「ヨレ感」が無かったという事です。
シワへ落ち込んでいたり、ヨレたりは、殆どありませんでした。
上に書いた重たい感じは、肌への密着が良いという事なのかもしれません。

BBクリームを塗る前にしっかり保湿をしておけば、崩れにくい商品だと思いました。


まとめ

上に書いた事と補足でまとめますと、

・肌へ乗せた使用感が重い
・カバー力はまずまず・・・
・少量を薄く伸ばすほうが良い
・ツヤ感があって崩れにくい
・コスパ最強
・色味に注意
・クレンジングは必要

上記の様になりました。
そして、まとめの最後に書いたクレンジングについて補足しておきます。

商品には「クレンジング不要」との記載なのですが、使用感が重いのでクレンジングは必要だと思いました。

といいますのも、いつもの様に手で伸ばすことが難しかったので、付属でついていたパフ(1番最初の写真の猫の顔の可愛パフです)を使いました。

そのパフを使用後に水でゆすいだのですが、綺麗にはなりませんでした。

クレンジングではなく、洗顔で落ちるという商品の様ですが、パフへ残ったクリームが水洗いで殆ど流れ落ちませんでしたので、肌の事を思うとクレンジングは要るだろうなぁと感じました。
(水での落ちにくさが、崩れにくさにもなっているのでしょうね。)


最後に個人的な感想で少々辛口ですが、もし使うとするならば、全体的に使う事は無さそうです。

肌の重たさが一番のネックでした・・・。

ですので、もし使うとするならば、CCクリームで隠れないシミをカバーするコンシーラーの用途や、アイメイクの下地として使うという事になると思いますので、「取り急いで購入する」は見送りという事になりました。


・ファンデーションはやめたいけど、カバー力のある商品が欲しい
・崩れにくい商品を探している
・CCクリームのすっぴん感は苦手
・ワンマイルのお出かけ等で手軽に使いたい
・ツヤ感の出る商品が欲しい

という方には、お値段も手頃で使い勝手の良い商品だと思います!


0 件のコメント :