洗顔と化粧品の正しい使い方。製品パフォーマンスを100%引き出す方法とは?

今日は、洗顔と化粧品の正しい使い方のお話です。




その洗顔と化粧品ですが、実は間違った使い方をすると、製品の性能を100%引き出せないばかりか、お肌の負担にも繋がります。

先日お世話になっているサロンの勉強会でお聞きしたお話を元に実践した結果、効果を感じられたのでご紹介したいと思います。


洗顔と化粧品の正しい使い方。製品パフォーマンスを100%引き出す方法とは?

クレンジングと洗顔のこすり洗いはNG

今回の勉強会の講師は寶来(ほうらい)恵子先生です。
実は2回目の講習という事で、前回のお話は以前のエントリーで少しご紹介しています。




この時、私はメイク落としは拭きとりシートを使っていたのですが、「お肌をゴシゴシするのは良くないよ」という事でジェル状のクレンジングを使う様になりました。
そして、くすみが取れ肌が白くなった様な気がするという事で改善が見られたので商品と共にご紹介しました。

今回も初めて参加される方への説明とおさらいとを兼ねて、まずはクレンジングの使い方から講習が始まりました。






勉強会のあったサロン様の記事内の写真の通り、先生が洗面ボウルの様なものにラップをぴん張ったものを持って説明して下さいました。


大阪市城東区蒲生四丁目!メディカルサロン LuNa
(画像はお店のブログのものです。今回はお借りさせて頂きました。)


「普段、どの位の力加減でクレンジングをしていますか?」と聞いてラップの上にクレンジングを乗せます。

そして、「こうして少し力をかける(ラップを押す力を加える)だけで、ラップが弛(たる)んで、どんどんシワになりますね。」と、シワになったラップの上のレンジングを伸ばしていきます。

ラップに弛みが有りますので、その弛んだ部分がシワになり、指と引っかかりラップがどんどん弛んでいきます。

若い方は肌のハリがあって弾力もあるのですが、年を重ねますとこういった肌の弛みがあります。
肌に余計な力をかけると、実験のラップの様な感じで、お肌の弛みやシワを増やす要因にもなるのです。

この様に、クレンジングや洗顔は「余計な力を加えない事が重要です」と説明がありました。

今この記事を読んでおられる方は、クレンジングの力加減はどうでしょうか?

もし肌をこすったり、力をかけてグルグルと馴染ませているような使い方であれば、お肌に負担をかけている可能性があります。

また、実際に使ったのはジェル状のクレンジングでしたが、手の平に載せて、手の温度で少し緩ませると良いよとも仰っていました。

洗顔も同様ですが、泡を丁寧にたてて、肌を擦り過ぎないようにとの事でした。
当然、クレンジングや泡を落とす際も、シャワーを直接あてて流すのはダメで、優しくすすいで下さいとの事でした。

この時の温度は、少しぬるめ(お風呂の40度前後では少し熱いそうです。)で、30回程度すすぐ方が好ましいそうです。


化粧品も優しくお肌へ乗せよう

続いて化粧品ですが、これもクレンジングや洗顔の泡と同様で、お化粧品の使い方も同じ事が言えそうです。

化粧水やセラム、クリーム等をお肌に乗せる場合、どの様にされていますか?

私の場合ですが、

・化粧水は手の平で少し広げて、お肌へ乗せる
・化粧水を乾くまで暫く手のひらでプッシュする
・セラム、クリームを顔に点置きし、指で伸ばす

という方法を取っていました。

実はこれは間違った方法かもしれません。

寶来(ほうらい)先生の化粧品の使い方を見せていただいたのですが、

・化粧水は手の平に乗せて少し温度で緩ませる
・手の平全体を顔に当てる様な感じで、化粧水を肌に乗せる
・プッシュなどはしないで、水分を保った状態にする
・セラム、クリームなども手の平にのせて、手の温度で馴染ませる
・化粧水と同じ様に、手の平全体を顔に当てる様な感じで、クリームを乗せる

という手順でした。

先生の手順を見て私と違うポイントは、

・お化粧品は少し手の温度で緩ませる事
・お化粧水が完全に乾いていない状態(水分がある状態)でセラムやクリームを乗せる
・肌の上ではこすらない

という事でした。
本当に印象的だったのは、化粧水もセラムやクリームもお肌へ乗せるという感じでけっしてゴシゴシしたり、力をかけていないのです。
本当にふんわりと肌(顔)に手の平で触れる程度に見えました。


当日先生がお使いになった化粧品はこちらの商品です。
エルモサ・セリュー化粧品|株式会社ロッソ




洗顔と化粧品のパフォーマンスを100%引き出す方法まとめ

上に書いた事をまとめますと

クレンジング・洗顔は
・肌へ余計な力を加えない
・すすぐお湯の温度は「ぬるい目」
・30回程度すすぐ

お化粧品の使い方は
・手の平に乗せて少し温度で緩ませる
・手の平全体を顔に当てる様な感じで、肌に乗せる
・プッシュなどはしない、肌へ余計な力を加えない
・肌の水分が保たれた状態で次の化粧品を乗せる

という事です。
化粧品の肌への乗せ方は、日焼け止めや、BB,CCクリーム、ファンデーションの乗せ方にも通じる部分があるかと思います。
手の平で広げるという事は難しい商品もあるかと思いますが、肌の圧力のかけ方や、肌をこすり過ぎない部分では共通点があると思います。

スポンジや指先で力を加えて押し広げるという行為は、お肌への負担に繋がるのでは?と思いました。
この様に勉強会に参加した結果を活かして、お化粧品の使い方を変えてみました。


美肌を目指すなら、マッサージで顔を擦るのはNG

この勉強会に参加されていたメンバーはかなり美意識の高い方ばかりで質問も沢山されていました。
その際のお話の中で、「かっさ等の小顔マッサージでは肌を擦りますがどうですか?」というお話も出ました。
先の洗顔や化粧品の使い方で「擦らない」という面を強調されていたのですが、この様な小顔マッサージはかなり圧力をかけます。

先生が仰るには、「当然、肌へのシワや弛みの原因になる」という事ですが、「肌の部分では無く、顔の筋肉の部分への効果としては有る」という事でした。

「美肌を重きにおいておられる方にはお勧めしにくいですが、小顔効果を望まれる方には効果のある方法だと思います」という事です。

また、「エステティックでもリンパマッサージの様な感じで顔をマッサージされていると感じる施術もありますが、必ず肌を弛まない方向に少し伸ばしながら、力加減もきちんと調整して行っていますので、いわゆる巷で言われているリンパマッサージとは違います。」との事でした。

もし自宅で小顔マッサージや顔のリンパマッサージをされている方で「美肌」を目指していたり、「お肌のシワや弛みが気になる」という方は滑りの良いクリームを使って力加減を気にした方が良さそうですね。


最後に

いつもお世話になっているサロンの勉強会ですが、次回は「(お肌の)保湿と補水との違い。 まだどこのエステサロンにも出回ってない開発前のお水を使ってお肌の補水体験をして頂けます。」という事で下記の内容で実施されます。

日程:12月1日(土)4日(火)
時間:11:00〜13:00
参加費用:1500円
(ランチ付き・美容に良い実身美さんのお弁当です。 玄米食と酵素ドレッシング 実身美サンミ
場所:エステティックサロン「LuNa」店内
大阪市城東区今福西3丁目2-2・プレジデント城東201
講師:樫山真由美先生

エステサロン用の「補水」に関した開発商品の体験モニター付きです。当日実際に10分程度の施術を用いて感じた使用感や意見、感想等をお聞きするそうです。

今回はモニター付きという事もあって、かなりのお得感が満載です。

ただ、今回はモニター型の勉強会という事もあって、人数の制約が発生する為に、気になる方は早めにお店の方へ確認をして頂きたいです。

お問い合わせは下記からどうぞ。

LuNa ご予約&お問合せ

城東区蒲生四丁目!メディカルサロンほうれい線、ニキビ跡、シミ シワのお悩み解消!!


大阪のお店ですが、大阪メトロ(地下鉄)蒲生四丁目駅から直ぐのお店です。
オーナーさんは気さくな方ですのでお気軽にお問い合わせ下さいとの事です。

私も参加します。毎回内容が濃いのですが、今回はモニター体験があるという事ですので、今から楽しみです。
(商品やサービス等の押し付けや勧誘等は、一切ありません。安心してお問い合わせ下さいね。)



という事で最後はお店の宣伝の様にもなってしまいましたが、誤った使い方ではお肌へ負担をかけて、シワや弛みの原因になるかもしれません。

実際に私も勉強会に参加してから使用方法を見なおして、4日程で何となく肌が変わって来たかな?と感じました。
もちもちっとした感じがして何となく肌がふんわりしてきた様に思います。

正しい使い方で本来の化粧品のパフォーマンスをしっかり引き出して使っていけたら良いですね。



0 件のコメント :