簡単・時短・便利!ポテトサラダをお手軽に!カルビー「北海道じゃがマッシュ」

今日は手間のかかるポテトサラダを簡単に作れる食品のご紹介です。
レシピでは無く「食品」の紹介ですよ。

個人的にポテトサラダは、茹でたり皮をむいたりで少し手間のかかる面倒なメニューだと思っています。
ですが手軽に作る事が出来れば、もう一品として便利なメニューですよね。
という事で、カルビー「北海道じゃがマッシュ」のご紹介です。


カルビー「北海道じゃがマッシュ」とは?

お湯でOK「マッシュポテトの元」です

御存じの方も多いと思いますが、カルビー「北海道じゃがマッシュ」は、簡単に言うと「マッシュポテトの元」です。
北海道じゃがマッシュ|カルビーポテト株式会社
「なぁ~んだ!」と思われてしましそうですが、要するにお手軽ポテトサラダというのは、お湯で作れるマッシュポテトの元をメインに使いましょうって事です。

出来上がったマッシュポテトに野菜を足して、マヨネーズで和えて、塩やこしょうで味を整えるだけで簡単に出来上がります。「おいも」を茹でたり、皮をむいたり、潰したりといった工程が除けます。


ポテトチップスを販売している「カルビー」の商品です

市販の「マッシュポテトの元」に良いイメージが無く、食べず嫌い(買わず嫌い)な方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

私もどちらかと言うと、そういった先入観を持っていて「美味しそうなイメージ」は無かったのですが、北海道産のじゃがいもを使っている事と、カルビーさんの商品なので「まぁ大丈夫だろう。」と思って購入してみました。


「北海道じゃがマッシュ」商品単体のお味は?

「北海道じゃがマッシュ」の商品単体の味の感想を書きます。
マヨネーズを入れる前に味見をしてみました。あまり余計な味が無いあっさりした味で、クリーミーな風味も感じました。
変な癖が無いと言った方が表現的に良いと思います。

原材料欄にはメインの「じゃがいも」以外に、ブドウ糖や粉末油脂、食塩、クリーミングパウダー等の記載があります。
この辺り調味料で基本的なマッシュポテトの味付けになっている様ですね。


お手軽ポテトサラダの作り方(4人分)

では、お手軽ポテトサラダの作り方です。レシピという程、大げさな事はありません。
基本の「おいも」の部分は、熱湯を注ぎ、練り上げるだけです。

私が購入したものは35gタイプで、記載の通り「1袋に熱湯を120cc注いでへらで混ぜるだけ」でマッシュポテトが出来上がりました。

©さんがつ日記 お手軽ポテトサラダ「北海道じゃがマッシュ」

注ぐお湯は熱湯で大丈夫です。我が家は電気ケトルの「わく子」さんがいらっしゃいますので、耐熱ボウルに粉末(少しフレーク状なのかな?)状の「じゃがマッシュ」を入れて、そのまま計量カップで適量を取り、お湯を注いで練りました。

©さんがつ日記 お手軽ポテトサラダ「北海道じゃがマッシュ」

これで、おいも部分は完成です。

練り上げたじゃがいもを耐熱ボウルに少々広げて、流しの上に置いておけば粗熱が逃げやすいです。
冬場なので、少々温かい「おいも」でも大丈夫そうでしたので、冷蔵庫には入れずにこのままシンクの上に置いていました。

その間に和える他の食材を用意しました。

先日作った時は、きゅうり1本・薄切りハム4枚・コーン缶、マヨネーズ、こしょうを加えてみました。
この辺りはお好みですね。コーン缶や、ツナ缶等の家にある食材や、茹で卵を用意しても良いですね。

©さんがつ日記 お手軽ポテトサラダ「北海道じゃがマッシュ」

我が家で作った時は、上記の量で小鉢に4人分の量が出来ました。
少し「おいも」の割合が物足りない様に思いましたが、他の具材が多かったので、出来上がりの量は丁度良かったです。


商品レビュー(感想)

最終的にマヨネーズの量を調整すれば、「おいも感」を出すか、「こってり味」にするか?を決める事が出来るので良いと思いました。

ポテトサラダになったの?と言われると、成立しています。

ただマッシュポテトベースですので、おいものゴロゴロ感はありません。
このゴロゴロ感が好きな人には物足りないと思います。

逆にゴロゴロ感が無いので、出来上がったポテトサラダを、パンに挟んでもホットサンドの具材として使っても良さそうだと思いました。
私は残ったポテトサラダを食パンに挟んで食べるのが好きなのですが、「おいも」が大きいとゴロっとパンからはみ出して少々食べにくいと思っています。
ですので、そういったアレンジメニューにも使える商品ですね。

マッシュポテトという事で、全体的に少しクリーミーな感じはしますが、じゃがいも自体が美味しいので、手軽なポテトサラダという点では、かなり良い商品だと思いました。

また、粉状(フレーク?)のじゃがいもという事ですので、混ぜる具材に多少の水気があっても問題が出にくいです。(加える熱湯の水量は少し少ない目が丁度良いかもしれません。)

おいもを茹でて皮をむいて潰すという手間を考えると、出来上がりの味には全く問題がありませんので、良い商品です。

私が購入したのは35gタイプで100円程だったかと思います。
(公式サイトには160gしかありませんでした。また商品名も「北海道じゃがマッシュ」になっていましたので、パッケージが変わったのかもしれません。)
amazonでは、160gのもので約220円位でした。(160g×6袋で販売しています。)



35gでは「おいも」の量が少ないと感じたので、160gの商品を2~3回分の量に分けて使うと丁度良さそうな感じがします。その場合は少し具材を少なく調整すれば良いと思います。

スーパーのおいもが1袋500g前後で130円~200円位の価格だと思いますので少し割高かもしれません。
ただ、本当に手軽に美味しく出来上がりますので、カレーライスや、オムライス、フライ系の揚げ物の時の「もう一品」として我が家は大活躍しそうです。

市販の「マッシュポテトの元」に良いイメージが無かった私がお勧めする商品なので、良ければ一度使ってみて下さい。

コメント