頭皮のかゆみ対策にも!アラフォーの髪のパサつき・ツヤ感にもお勧めなお酢系シャンプー「バーデンス」レビュー

アラフォーになって、髪の悩みが増えた「さんがつ」です。
今日は私が使っているシャンプーをお勧めしたいと思います。
歳のせいか、ここ数年はシャンプーを使うと頭皮に「かゆみのトラブル」が出ていました。
お勧めの商品は、こんな悩みの中で出会った商品になります。
髪のパサつきが気になる
頭皮にかゆみが出る
頭皮の油分バランスが気になる
髪のハリやコシが気になる
髪のダメージが気になる
「上記が見事にあてはまる!」という人には、お勧めの商品ですよ!

©さんがつ日記 バーデンスシャンプー トリートメント

シャンプーと洗剤は同じ成分?

まず、毎日使っているシャンプーですが、「素材が何で出来ているか?」を考えた事はありますか?
石鹸系の素材じゃないの?と思っている方も多いと思います。
汚れや、余計な油分を洗い流す為のものなので、シャンプーの仕組みは石鹸や洗剤と同じです。

仕組みは同じでも、洗濯石鹸や台所洗剤と、髪の毛の洗髪に使うシャンプーの成分は違いますよね?と思っていたのですが、実は同じものだそうです。

要するにその汚れを落とす仕組みの部分(成分)が同じであり、その正体が「界面活性剤」です。

世の中の洗剤、汚れを落とす化成品、日用品と市販品のシャンプーは同じ仕組み=素材が使われているという事です。


界面活性剤の仕組みとは?

この界面活性剤は、汚れを落とす為の仕組みの成分なので「洗浄剤」つまり洗う為には必要なものです。
界面活性剤が悪いという事では無く、界面活性剤の効果=洗浄効果(汚れや油を素材から引き離す)なので、洗うという行為には必要なものです。

また、シャンプーには「界面活性剤」以外にも様々な成分が入っています。髪に潤いを与えたり、滑らかな指通り感を出したり、香りや色の成分等です。こういった色々な成分を均一になじませる効果として「界面活性剤」が有効に使われています。

この様に「シャンプーには必要な成分です。」と言われても、洗濯用の洗剤に入っている洗浄効果のある「界面活性剤」と、シャンプーに入っている「界面活性剤」が同じものだとしたら、体や髪への影響はどうなんだろう?と疑問に思いますよね。

という事で、市販品に含まれている成分について、勉強会で聞いた話ではありますが、少しご紹介したいと思います。

『LuNa恒例女子会イベント〜皮膚再生専門サロンLuNa』

お肌の基礎、クレンジング、洗顔、食の大切さ、食べ物の選び方、貧血、メイクの仕方、エルモサセリューの使い方、電磁波と放射線、シャンプー、保水と補水。 色々とお勉強して来ました。 本当になかなか聞けない情報が満載です! 是非是非沢山の方に参加して頂きたいです。


シャンプーに使われる主な界面活性剤について

市販品やサロン、つまり店頭に沢山並んでいる商品の多くに使われている「界面活性剤」の素材は下記の3つだそうです。
・硫酸系
・アミノ酸系
・せっけん系
では、この辺りの素材の特徴を経験上とお勉強で習った事を踏まえて、お話します。

硫酸系

硫酸系の素材のシャンプーの特徴は下記の通りです。
・汚れを引き離す効果が高い
・泡立ちが良い
・髪や頭皮へのダメージも多い
要するに、洗剤として効果が抜群な素材です。
だだし、その効果が良すぎる(汚れを引き離す効果が高い)為に、髪や頭皮へのダメージも他の素材に比べて大きくなります。

比較的安価な事と、成分を均一に馴染ませる効果も高い事から、市販品の多くに採用されています。
北海道でも、沖縄でも気候や温度差によって分離や塊が起きないという効果が、市販品にとって必須だという事ですね。


アミノ酸系

続いて、アミノ酸系のシャンプーです。
このアミノ酸系はアミノ酸だから体には安全じゃないの?と思う方もいらっしゃると思います。硫酸系に比べると頭皮や髪のダメージは低いのですが、以下の特徴があります。
・汚れを引き離す効果が硫酸系より低い
・髪や頭皮へのダメージが硫酸系より軽減
・原材料の価格が高い
・素材の性質上、髪や頭皮と馴染みやすい

原料の価格が高い事から、市販品でも少し高額の価格帯の商品に使われているそうです。
硫酸系に比べると洗浄効果が劣る分、ダメージも軽減されます。
ただし、アミノ酸系という事で、人間の体がアミノ酸で出来ている以上、人体に引っ付きやすい性質があります。

ですので、髪や頭皮のダメージを軽減させるためには、硫酸系より更に丁寧に洗い流す事が重要です。


せっけん系

続いて、せっけん系です。特徴は下記の通りです。
・髪へのキシミが発生する
・市販品の商品数が他の素材に比べて少ない
・価格設定が高いものが多い

せっけん系の「界面活性剤」は肌のダメージが低い上に、洗浄効果も高いので人間には良い商品です。但し、髪の毛との相性がよくありません。

私は頭皮のかゆみが出た時に、せっけん系のシャンプーを利用した事があります。
個人的な感想ですが、頭皮を洗う事やかゆみの軽減には効果がありましたが、どうしても髪の毛の「キシミ」が気になりました。

私の様にせっけん系のシャンプーを使うと髪にキシミを感じる方がいらっしゃいます。(髪の毛が短い人は気にならないかもしれません。)

このキシミを取る為に、専用のリンスを使うのですが、他の素材のリンスよりも必要な量が多い様な気がします。
この辺りは髪の長さによるのですが、髪にリンスを馴染ませる行為が、他の素材のものに比べて扱い方が難しい事、値段が少し高いという事で結局続きませんでした。



頭皮や髪に優しい!バーデンス「スキャルプシャンプー」

長い前置きが終わりました。という事で、頭皮のかゆみの為に購入した商品が、お酢系の界面活性剤を使った「バーデンス」という商品になります。

Badens for GENERAL | モアコスメティックス株式会社

このバーデンスのシャンプーは上記の会社の社長さんが、自身の悩みを解決する為に生み出した商品です。
髪や頭皮のダメージが少ない
泡立ちが良い
洗浄効果が高い
髪へのキシミ感が無い
つまり、シャンプーとして必要な要素を兼ね備えた商品になっています。

このお酢系の「界面活性剤」=「ラウレスー3酢酸アミノ酸」という素材が、モアコスメティックス㈱さんが特許を取得した素材になっています。ですので、モアコスメティックス㈱さんの商品にしか使われていない特殊な素材になっています。

©さんがつ日記 バーデンスシャンプー トリートメント

バーデンスシャンプーの裏側の表示です。シャンプーや化成品の裏側は見ないで買う事が多いと思います。
この中の、「ラウレスー3酢酸アミノ酸」がそのお酢系の界面活性剤の成分です。

続いてトリートメント。この辺りの表示はあまり意味が分からないのですが、参考までにどうぞ。

©さんがつ日記 バーデンスシャンプー トリートメント


商品レビュー

情報の無断転載が禁止になっていますので、基本的なスペックは上記のサイトでご確認下さい。
私の使っているものは「詰め替え用」の商品です。
画像の通り、シャンプーが400mlで2,500円(税抜)で、トリートメトが400gで2,900円(税抜)です。

スキャルプシャンプー

市販品と同等、それ以上の泡立ちを感じますので、価格は少々お高いのですが、比較的持ちは良いと思います。
ショートへアならワンプッシュ~半プッシュでも量的に問題はありませんよ。

市販品シャンプーと同等の粘度があり、トロリと半透明の液体です。

私は詰め替え用の商品を使っており、100均の詰め替えボトルに入れて使っています。
一人で使う場合はショートヘアで2~3か月位持ちました。

トリートメント

シャンプーの洗い上がりがしっとり系なので、トリートメントの量は本当に少量でも問題はありません。
ショートヘアなら半プッシュでもなじませる事が可能です。

シャンプーと同じように100均の詰め替えボトルに入れています。シャンプーの量と比較すると半量で大丈夫なので、倍近く持つ計算になります。(髪の長さに左右されると思いますが・・・)

こちらはこってり系のクリーム状です。
髪にもなじませて使えますが頭皮にも使えますので、入浴時に軽く頭皮のマッサージを行っていますよ。


基本的な使い方と使用感と香り

上記の使い方はホームページにもありますが、トリートメントを綺麗いに洗い流したい人は、シャンプーの後に髪の水気を軽く絞って、トリートメントを髪(頭皮に馴染ませてもOKです。)に馴染ませた状態で体を洗えば、しっかりと洗い流しても髪の毛に潤い感を感じる事が出来ます。

この商品は、スッキリした「ハーブ系の様な、爽やかな香り(ミルク系では無い香りともいいますか・・・)」なので、男性にも使い易い商品です。
基本の商品以外にも、様々な香りの商品もありますので、お好きな香りを試してみて下さい。

私が通っているヘアサロンでは、店頭に少量の小さなボトルの商品がありました。様々な香りをお試しで使う方や、トラベル用は、この少量の商品がお勧めですね。
シャンプーとトリートメントのセットで1,000円(税抜)だったと記憶しています。


かずのすけさんのレビュー

『モアコスメティクス バーデンス スキャルプシャンプー 解析』
アメブロでも有名な「かずのすけ」さんが記事にされていました。
全体的に低刺激性や洗浄力など申し分なく、洗い上がりも一定の満足感が得られそうです。お値段も適正です。
という事で、客観的にみても総合的に良い商品だという事ですね。
私もかずのすけさんの引用の通りの満足感があります。


商品の購入先は?

この商品は残念ながら通販での取り扱いはしていません。

下記のショップ検索からサロンを探して、店頭へ赴いての購入が基本になります。
SHOP LIST | モアコスメティックス株式会社

なのですが、いつもお世話になっているエステサロン(店頭に在庫されています)に伺いますと、発送扱いが出来るとの事なので、気になる方は連絡してみて下さい。

ご予約・お問い合わせ | エステティックサロン-LuNa-
お問い合わせフォームからメールで連絡するとスムーズです。
扱っている商品は、香りのフレーバーのない基本のもので、それぞれ3種類の容量のものになります。(送料がかかってきますので、ご注意下さい。)
サロン業者の方も連絡して頂ければ、紹介してくださるそうですよ。


最後に「市販品のシャンプーを使う際に気を付ける事」

「バーデンスのシャンプーは良い商品です!」と言っても、大手の通販で展開していない上に、サロンでの入手が基本的になっていますので、手に入れにくいと感じたり、少々値段が高いと感じる方もいらっしゃると思います。

今回、ヘアサロンとエステサロン、また勉強会の参加と様々な御縁があって、バーデンスのシャンプーを利用し、こうしてブログにてご紹介させて頂いています。
しかし、「市販品は悪いもの。バーデンスのシャンプー以外は悪いものだ。」という事ではありません。

成分が気になったり、トラブルが気になったりして、「商品選びに悩んでいるという方に知って頂きたい。是非、一度試しにでも使って頂きたいなあ。」という思いでご紹介させて頂きました。

ですから、市販品でも界面活性剤の特徴を踏まえて、トラブルの回避という訳では無いのですが、シャンプーの使い方について出来る事をお知らせしたいと思います。
洗髪前に髪の毛をブラシでとかす
使用量を調整する、場合によっては水で薄める
「あわわ」の様な泡立てる道具を使ってしっかり泡状にして使う
すすぎは十分に行う
リンスは頭皮に出来る限り付着しない様にする
リンスもすすぎは十分に行う
シャワーの温度を高すぎない温度にする
詰め替え容器は雑菌が繁殖しない様に扱う
上記の様に少々手間暇がかかりますが、私が市販品を使っていた際に施していた工夫です。

当たり前の事ばかりですが、参考になれば良いなと思います。

お話を戻しますが、頭皮のかゆみ対策や、アラフォーの髪のパサつき・ツヤ感にもお勧めなお酢系シャンプー「バーデンス」の紹介エントリーでした。

コメント