ヒト幹細胞培養液の化粧品 肌質改善にもお勧め!「素肌美革命、エルモサ」レビュー

今回は「肌質改善コスメ、エルモサ化粧品」のレビュー記事です。

実は昨年秋頃から、「ヒト幹細胞培養液」という何だか聞いたことも内容な成分の入った基礎化粧品を使っています。

その辺りの化粧品レビューから、いつもの勉強会でお聞きした化粧品の「知らなかった真実」について少しご紹介したいと思います。


効果が出てはいけない?化粧品の新事実

私がエステで化粧品を買うまでは、市販品や通販で買った商品を使っていました。まぁ当たり前ですよね。

そんな中でも「デパートで売っている様な成分の商品だけれど、通販だからこの価格で提供しています。」という商品や、「不要な成分が入ってないからこの価格で提供が出来ます。」という様なコンセプトの化粧品を使っていました。

その化粧品を当たり前に使っていて、特に大きな問題はありませんでした。
グレードの高い商品にかえてもさほど劇的に変化も感じられませんでした。

気持ち的には、「あぁ、ちょっとマシかな?良い商品のはずだから使っていれば効果が出てくるかな?」という感じで宣伝文の様な効果を特別に感じる事は無いけれど、悪くもないから「こんなモノだろう」という感じでした。

そうなんです。

これが化粧品の「あまり知られていない真実」の部分なのです。

エイジングケア化粧品の真実と本当のエイジングケア | スキンケア交差点

上記のサイト様のエントリーに、その真実について真相に近い部分が書かれています。一部抜粋します。
医薬品は効果と副作用のバランスでギリギリの配合量を求めますが、化粧品ではそのようなリスクをおかすメリットは何もありません。
化粧品にとって健康被害は致命傷ですが、「効果がなかった」はかすり傷にもならないからです。
メーカーは理論上有効とされる成分を、肌に影響がない程度に配合します。それを塗って効果があったと思う人もいれば、なかったと思う人もいるでしょうが、それで良いわけです。
安全性を最優先させて、消費者に「理論上の効果」と「肌に塗った時の効果」を混同してもらう、というのが医薬部外品を作るときのメーカーの基本戦略です。
私たちがこのような混同をしないためには、皮膚の構造と機能について、基本的な知識を持っておくことが必要です。
上記の引用を読むとちょっとビックリしますよね!
要するに、一般的に化粧品って劇的な効果が出ない方が良いんです。

続けて、これも同じサイト様の別記事からの引用の紹介です。

化粧品はどこまで浸透するのか| スキンケア交差点
「肌の奥まで浸透する」と書かれている化粧品の広告をよく見ると、どこかに小さな字で「※角層まで」と但し書きがついています。
これは薬機法(旧薬事法)で、化粧品は角層より奥まで浸透すると言ってはいけない、と定められているからです。
なぜこんな法律があるかというと、
・角層より奥には浸透しないものを、浸透するかのように言うのは誇大広告である
・そもそも角層より奥まで浸透する化粧品は有害なので作ってはいけない
からです。
何故、一般人の主婦である私がこの様な事を知ったかというと、私がいつもお邪魔しているエステサロン様の勉強会で教えて頂きました。

勉強会では、毎回異なったジャンルの講師の方がお見えになられます。
扱う商品やカテゴリーは異なりますが、みなさん同じ内容の事をおっしゃいます。

つまり、化粧品は医薬品ではありませんから、「体の臓器の部分に浸透させてはいけない」のです。



「ヒト幹細胞培養液」って何?

サロンの化粧品と一般的な化粧品の違い

上記の様に化粧品は、私達消費者が思っている様な肌の部分まで浸透はしません。
なのですが、私が使っている化粧品は市販品を使っていた頃よりもかなりの改善効果を感じています。

この辺りの疑問の答えは、サロン向け化粧品の開発の理由が大きいと感じます。

サロンの専売品は、市販品の様に不特定多数に販売する事を目的としていません。
つまりサロンの化粧品は基本的に対面販売です。つまり、個人個人の肌質を診断し、サロンの「美容家」と言われる人が診断し、適切な商品を勧めます。
ですので、効果の無い商品は売れません。
その様な商品を売っているサロンにお客様は、二度と来ませんよね。

ですから、サロンでは良い効果が出る商品を望みます。
その様な状況や条件の中で、製造元は、化粧品の枠を超えない限りの成分を使って、出来る限り良い効果が出る商品を作りたいと思います。

作り方の基本的な解釈が少し違うとも言えます。
そういう面もあってサロンが扱う化粧品は良い商品が多いと考えるのは自然な事です。


美容効果としての「ヒト幹細胞培養液」とは?

医療の域を超えない素材で、どれを使えば美容の効果が高いものが出来るのか?を製造元は試行錯誤します。

その様な様々な材料の中から選ばれたものの一つが「ヒト幹細胞培養液」という事ですね。
この「ヒト幹細胞培養液」・・・何やら怪しい名称なのですが、一体何なのでしょうか?
そして、化粧品は肌の臓器の部分には浸透しないのに、どうして使うと良い効果が出ると感じるのでしょうか?

その辺りの疑問を解くヒントが先のサイト様とは違う、他のサイト様に載っていたので一部を抜粋してご紹介します。

幹細胞コスメを正しく知るための9の質問 – エステティック通信【エステサロン向け業界専門誌】

エステサロン様向け、いわゆるプロ向けのサイトなのですが、一般公開されています。
一部抜粋します。

Q.4ヒト幹細胞培養液ってどんなもの?
A.
ヒトの脂肪由来幹細胞を取り除き、培養したときにできる成分のことです。
糖や核酸、脂質などさまざまな分泌成分が含まれます。ほかにも培地構成要素としてのビタミンや必須アミノ酸などが含まれることもあります。現在、美容業界(コスメ)でおもに使われているのは、ヒトの皮下脂肪から採取した、脂肪由来の幹細胞を培養した「幹細胞培養液」。幹細胞そのものが配合されることはありません。この幹細胞培養液には高いエイジングケア効果が期待できる成長因子(グロースファクター)やペプチドなどが豊富に含まれています。

Q.4以降からかなり詳細に書かれています。

先にも有った通り「コスメ」なので、医療に使われるような「幹細胞」は使えません。
なのですが、その幹細胞を作る時に出来た成分は使える様です。

一般人の私が感じた事は、どうやら「肌の活性を促す成分も含まれた、栄養液に近いもの」という雰囲気です。

医薬品の様に直接人間の臓器(肌の内部)に効果を与える事は無いはずですが、実際に使ってみると肌の表面的は良い効果が生まれています。

上記を踏まえると、化粧品なので肌の内部に直接効果があるというより「表層の肌の部分(角質)と肌の臓器の部分ぎりぎりの所で良い作用が生まれている」と感じます。

詳しい仕組みは専門家では無いのでわかりませんが、「肌よ頑張れ!」という様な応援的な補助的な成分が含まれているのかもしれません。

私が使っている商品ではないのですが、お勧めの商品というエントリーがありましたので、気になる方はご覧ください。
実力で選ぶとこうなる「幹細胞コスメ 」ベスト11 – エステティック通信【エステサロン向け業界専門誌】



「素肌美革命、エルモサ」レビュー

少々長い前置きが終わりました。ここからは商品レビューです。

正規のディーラーさんのサイトから商品スペックを引用してご紹介します。

エルモサ(HERMOSA)|正規ディーラーTrinity株式会社(トリニティ)


素肌育成型「Raise」レイズシリーズ

私が使っているレイズという商品は、「美肌を追及する!というよりは、肌質を優しく改善する」というコンセプトの化粧品です。

価格もデパコス並み、若しくはそれらよりお求めやすい価格帯なので、比較的手にし易い商品になっています。
©さんがつ日記 「素肌美革命、エルモサ」レビュー

(お世話になっているサロン様で撮影しました。)

また、この商品の良い所は臭いが殆ど感じられない事です。

ですので、男性にもお使い頂けますよ。
そして形状の特徴として、全てがプッシュ式でかなり扱い易い商品です。
スパチュラの管理がないので、ズボラな私にぴったりですね~!

では、個別商品レビューに続きます


Raise ローション

スペック:50ml 6,800円(税別)

化粧水の位置づけの商品です。
かなりコッテリと「トロリ」とした商品で乾燥肌質気味の私にぴったりです。
使用感も、かなりシットリ系です。
もちろん、乾燥肌向けの商品ではありません。年齢に関係なく使えるとの事なので、様子を見ながらにはなりますが、肌の薄いお子様のほっぺのカサツキにも使えますね。

このローションは使って頂くと分るのですが、使用直後は、かなりしっかり肌の表面に留まる様な質感があります。
なのですが、べたつきや重さを感じる事はありません。比較的素早く肌に馴染む商品の様です。
朝晩の使用で約2か月程度使える量でした。3か月は持たないと思って頂いて良いですね。


Raise セラム

スペック:30ml 14,500円(税別)
乳液・・・という位置づけでは無いのですが、化粧水の後、クリームの前に使う商品です。少々柔らかいジェル状になっています。
お値段がかなり高いですね。

かなり伸びが良い商品ですので、同じように使っていても感覚として、ローションより持ちが良いように思います。
3か月前後?かなぁと思います。



Raise クリーム

スペック:30g 13,500円(税別)最後はクリームです。
どうやらここに例の「ヒト幹細胞培養液」となるものが含まれている様です。
質感は一般的なクリームという感じですが、少々緩い様な気もします。

その分伸びが良いのでこちらも使用料量は比較的少なくても良いように思います。
こちらも3か月前後?かなぁと思います。
セラムを除いて使ったり、クリームを使わずにメイクに入るという人は若干持ちが変わってきます。

©さんがつ日記 「素肌美革命、エルモサ」レビュー



お問い合わせ先

お世話になっているサロン様が窓口にになって下さいます。
気になる方、使ってみたい方は、まずはローションからお使い頂く事も可能です!
相談のみでも大丈夫です。

購入の際は、まずはメールでお問い合わせして頂き、その後TELにてお話しながらお肌の状況をカウンセリングして、商品のチョイスになる流れだそうです。

サロンさんからの折り返しの電話に対応ができる時間を記載すると、スムーズの様ですよ。

LuNa ご予約&お問合せ


使用中のお肌の様子

ビフォー写真と同じ構図が有れば良かったんのですが、先日お風呂上りに何となくお手入れ後に顔を見るとかなり調子が良いように見えたので写真に撮ってみました。

©さんがつ日記 「素肌美革命、エルモサ」レビュー

アラフォーともなると、劇的に変化は訪れないですし、時々の写真の撮影条件によって見え方も違う事を理解した上で、ご覧頂きたいと思います。

頬のたるみ毛穴なんかは随分と改善しています。
もともと乾燥肌なので、小さなシワの様なヨレた感じの皮膚感なのですが、そんなに乾燥しないように感じています。



良い化粧品だからこそ正しい使い方を・・・

今の化粧品は効果として十分に納得が出来る商品です。
価格は少々高いのですが、アラフォーの投資だと言えば何とかです。
それに私はあまり服や装飾にお金をかけていません。
と言いますか、化粧品(維持費)が高いので他にお金をかける余裕が無いのかもしれませんねぇ。

そういう余談はさて置き、良い商品だからこそ、正しい使い方が重要です!

それに日本の化粧品は比較的良心的に作られていて、良い効果の商品も多いと聞いています。
今お使いの商品が合っているのなら、そのままお使い頂いても大丈夫です。
ですが、使用方法だけは注意して下さい!
ごしごしこすったり、肌を不要に触ったり、負担になる使い方は絶対にNGですよ。

洗顔と化粧品の正しい使い方。製品パフォーマンスを100%引き出す方法とは?

もちろん、基礎化粧品以外にも、メイクの部分でも同じ事が言えます。
乾燥肌質の私の使い方をご覧いただければ、更に肌に良い効果が出ると思います。

「ファンデの粉吹き防止に」皮膚が薄い乾燥肌質?の私の化粧品の載せ方

洗顔と化粧品は使い方で、製品のパフォーマンスは上がります。
と言いますか、上がりました。
私の経験している事、実践している事が、化粧品の扱いについて何かの参考になれば良いなぁって思います。

コメント