15分類進化型パーソナルカラーアナリストになる 第5・6回「15分類とベストカラー」

今日はパーソナルカラーアナリストになる為の授業の5回目と6回目の内容をお話させて頂きたいと思います。


15分類診断と色の特徴のお話

前回は「色の物差し」という事で、色相環のお話をご紹介しました。
今日は、この色の物差しからわかる「色の傾向や特徴」を捉える授業です。

という事で、それぞれのシーズン、30色のドレープからどの色がその特徴を持っているかを見ていきます。

©さんがつ日記 15分類進化型パーソナルカラーアナリストになる 第5・6回「15分類とベストカラー」

因みにこの後に続く「ベストカラー診断」にてご紹介しますが、私はパーソナルカラーウインターの中でも「鮮やかな色が得意」という診断結果が出ました。

という事で実際に似合った色がこちらです。

©さんがつ日記 15分類進化型パーソナルカラーアナリストになる 第5・6回「15分類とベストカラー」

ウインターの30色の中からベーシックカラーを除いた似合う色です。
(実際に布を当てて一つ一つ確認しました。)

と、少々地味な見た目の私には勿体無いような鮮やか色です。

個人的に私は「暗い色味が得意」だと思っていたのでビックリな結果です。

私はベースの黄味や青味の要素にも反応するので、少し難しいような気もしますが、こういった鮮やかな色が似合う人は、黄色身寄りでも鮮やかな色のあるカテゴリー、つまり「スプリングの中にも似合う色があるのかも・・・?」という可能性が出てきますね。

とは言え私は黄味は苦手なのですが(何となく)ウインター以外の似合うカテゴリーはサマーよりオータムの暗い色の方が得意そうな気がします。

まぁ調べていないので分らないのですが「そうだったらいいなぁ」という願望ですかね。
(深い秋のカラーが好きなので、こういった鮮やかな色は少々苦手です。)



ベストカラー診断

続いてベストカラーの診断です。
前回の授業では、お互いにフォーシーズンの診断を行いました。

今日の授業ではその結果を踏まえてより似合う色を決定する診断を行いました。
私の場合は上記の「ウインターの中でも鮮やか雰囲気の色が似合う」でしたね。

ざっくり言うと4つシーズンから15分類に分ける診断というニュアンスですね。

という事で、診断結果です。

Kちゃんはこのような色がお似合いです。

©さんがつ日記 15分類進化型パーソナルカラーアナリストになる 第5・6回「15分類とベストカラー」

「優しい色・・・」
という雰囲気を感じますね。可愛らしさと品の良さを感じる雰囲気とマッチして良い感じです。

続いてYさん。

©さんがつ日記 15分類進化型パーソナルカラーアナリストになる 第5・6回「15分類とベストカラー」

明るくて元気な色ですね!
虹のように綺麗な色です。

にこにこして可愛らしい雰囲気のYさんですが、テニスも習っておられるそうで、こういった鮮やかで動きを感じる色もはイメージからもぴったりお似合いです。



最後に

今回の授業は「色の傾向」について深く学びました。

パーソナルカラーを学ぶ前は、色が似合うかどうかを見て、診断するのだと思っていました。この様に色の特徴を踏まえて診断しているとは知りませんでした。

それにパーソナルカラーの似合う色の要素が分かると、他のシーズンにも似合う色がある可能性が出てきます。

もちろん「顔の近くにはベストな色を持ってくる」というのは理に適っています。
そういった事とは別に、顔から遠い所やバッグや小物等のアイテムには、「似合う色の特徴を持つ好きな色をチョイス」というのも素敵だと思います。

つまり、パーソナルカラーウインターの人にもオレンジを使った素敵なコーディネートが出来る可能性があるのです。

今後は色の配色についても学んでいくと思います。

自分でも試行錯誤を重ねながら、4つの枠を超えた色のご提案が出来れば良いなぁと思っています。

コメント