コロナウイルスに対して一人一人が出来る事

この数日、日本国内のコロナウイルス感染拡大のニュースを目にする事が多くなりましたね。
この記事を公開した2020年2月16日現在の東京新聞さんのサイトでは、国内の感染者数は40名です。

新型肺炎 都内、さらに8人感染 1人は「屋形船」無関係

全国で40名との事ですが、決して安心できる数字ではないと思います。

ここからは、私が知った情報から考えた「個人で出来る日常の対策」についてまとめていきたいと思います。

さんがつ日記 コロナウイルスに対して一人一人が出来る事



コロナウイルス対策「外出前に出来る事」

まず外出前に出来る事です。
①マスクの着用
②アルコールスプレーを持っていく
③ハンカチを持っていく
④ポケットティッシュを持っていく
⑤帽子の着用
⑥手袋の着用
⑦メガネの着用

これらは出来る項目のみで良いですよ。
特にマスクやアルコールの入手は安易では無くなりましたので、この辺りについても少し書かせて頂きます。

①マスクについて

実際には、簡易なマスクでコロナウイルスを防ぐ事は不可能という事なのでそこまで神経質になる事も無いかもしれません。

最近では、布製のマスクを洗って使うという方法も目にしますし、代用品でマスクを自作する方法もありますので、このような方法で用意するのも良さそうです。

②アルコールが無い場合は水道水を持って行く

アルコールの替りにスプレーボトルに水道水を入れて、その水で手を洗うというのも良いと思います。
この場合はハンカチを複数持って行くと便利です。
ウエットティッシュがある場合はそれを利用すると良さそうです。

要するに、「手にウイルスが付いた状態で目や口等の粘膜を触る事が良くない」ので、まめに手を洗うという事が効果的だとの事です。

③ハンカチとティッシュについて

これは普段から持っている人は少し多い目に持つ程度で良いと思います。
普段から持っていないという人も、少なからず居らっしゃいますので、あえて項目としてあげてみました。

④メガネについて

メガネは目の粘膜からの侵入を少しでも防ぐ為や、手で安易に触りにくくなる効果が期待出来ます。
特に用意しなくてもサングラスやブルーライトカット眼鏡を使うのも良さそうです。

⑤帽子について

髪の毛にウイルスが付着するのを防ぐ効果を期待しての帽子です。

帰宅後にすぐにシャワーや入浴を行う場合はそこまで神経質にならなくて良いと思いますが、髪の毛にウイルスが付いた場合、頭を触った手で目や鼻や口を触ると感染のリスクがあがりますのでこういう事で予防するという方法もあると思います。

⑥手袋について

外出すると電車のつり革や、階段の手すり、エレベーターのスイッチなど不特定多数の人が触るものに触れる機会が多いので、手袋をしていれば直接触る回数が減ります。



コロナウイルス対策「外出先で気を付ける事」

では外出時に気を付ける事(私が気を付けている事)です。
①スマホを無駄に使用しない
②不用意にものに触らない
③カード決済が出来る場合は現金で支払わない

①スマホの使用について

ウイルスにとも関係しますが、そもそもスマホの画面は衛生面でみるとあまり良い環境ではないようです。
ですので外出先で食事を取る場合にスマホを触りがちですが、ここは少し控えた方が良いですね。

さんがつ日記 コロナウイルスに対して一人一人が出来る事


もし、触る場合も紙おしぼり等を使ってスマホ画面をさっと拭いて利用すると良いと思います。ただスマホは精密機器なので、自己責任で清掃して頂きたいなぁと思います。
私は食事中にスマホを触る事はやめました。
(帰宅時はアルコールティッシュでスマホ画面やカバーを拭いて利用しています。)

②不用意に触らない

そもそもそんなに触る事もないのですが、スーパーの買い物ではよく眺めてから商品を選ぶようにしました。
手に取って見比べるという回数を減らしています。(これはそもそも当たり前かもしれません)

③現金での支払いを控える

現金は沢山の人の手をわたりますので、衛生面ではあまり良い状態ではありません。
最近はスーパーでもカード決済が簡単ですし、現金のやり取りをしなくて済む方法がいくつもありますので、こういう工夫も良いと思います。


コロナウイルス対策「帰宅・家で出来る事」

帰宅時や家での対策はウイルスを家に入れない、広げない為に出来る事です。
①上着をやバッグを部屋に入れない
②手洗いうがい
③鼻をかむ
④メガネを洗う
⑤洗面所のタオルを複数用意
⑥野菜などの水洗い

①玄関にハンガーラックを用意

上着やバッグ、帽子や手袋にウイルスが付着している可能性があるので、上着やバッグ類は玄関などに置いて、リビングや部屋に持ち込まない方が良いと思います。
我が家も玄関にハンガーラックを用意して暫くはそこへ置いています。

さんがつ日記 コロナウイルスに対して一人一人が出来る事

アルコールスプレーがある場合は玄関でスプレーしておけば、なお良いと思います。

②手洗いの手順の用紙を印刷して鏡に貼る

厚生省のホームページに手洗いの手順のポスターが配布されています。

手洗いポスター

手洗いの手順リーフレットPDF

上記だけでなく、色々な機関でも配布されていますので、お好みのページをダウンロードして使って下さい。
我が家は洗面所の鏡に貼っていますよ。

さんがつ日記 コロナウイルスに対して一人一人が出来る事

その通りの手順とはいかないまでも、注意喚起になるので良い効果が出ていると思っています。

③鼻をかむ

メガネをかけているせいか、マスクをしていると鼻水が出やすくなるので鼻をかんでいます。
鼻の粘膜の菌を出すという部分からも予防になるのかな?と思うので良いと思う方は為いしてみて下さい。
(これは無理にすると痛めるので無理にしなくても良いと思います。)

④メガネを洗う

コロナウイルスは表面がツルツルした部分に多く付着していると聞いたので、メガネも流水で洗う事にしました。
入浴時に洗う方も多いと思いますが、手洗いのついでに洗うのも良いと思います。

⑤複数のタオルを使う

折角綺麗に洗ったのに清潔なタオルでなければ効率が悪くなります。
せめて家族全員分を使い分けするくらいの用意が必要だと思います。

さんがつ日記 コロナウイルスに対して一人一人が出来る事


タオルハンガーが1つしかない場合は、小さいハンカチタオルを用意してその都度(1回使用後は洗濯)交換するのも良いと思います。
多少洗濯が面倒になりますが、小さなタオルハンカチは100均で売っているので、費用の面ではそんなに大変な事では無いと思います。


⑥袋に入っていない野菜はまず水洗い

ネギやキャベツなど袋に入っていない野菜は、流水で洗って乾いてから冷蔵庫に閉まっています。
これは全部の食品には行えないので気休めみたいなものだと思いますが、しないよりはマシだろう程度で行っています。


最後に

上記に書いているものは全て「しないよりはマシ」程度の事ばかりです。
行えば必ずウイルスを防御できるというものではありません。

けれど、一人一人が気を付ける事で予防が出来ればいいなぁと思っています。

特に洗面所のタオルを複数用意する事や、玄関にコート類をまとめておく事は比較的安易な方法ですので、参考になれば幸いです。

動画にも少しご紹介していますので、良ければ参考にして下さい。


大変な時期ですが一人一人がウイルスを広めない意識を持つ事が大切だと思いますので暫くは注意して過ごしたいと思います。






コメント